出会い系サイトに登録する前に目的を決める

出会い系サイト選びをする前にしなくてはならないことがあります。それは、自分は出会い系サイトでどんな関係の相手を見つけたいのかを明確にするという事です。出会い系サイトの中には、出会いの総合サイトのようなサイトもありますが、最近は出会いの目的を1つに絞り込んだ特化サイトも増えてきています。

色々な出会いを探せる出会い系サイトなら、その時の気分で、出会いの目的を変えても大丈夫ではないかと思う人もいるかと思います。ですが、その都度出会いの目的を変えてしまっていると、反対に出会いが見つからなくなってしまいやすくなります。

メールをする相手を見つけることができても、色々な目的で利用してしまっていると、今メールをしている人とはどんな目的でメールをしているのか分からなくなってしまいます。また、相手もあなたがどんな目的でメールをしてきているのか分からない場合、不安を感じて返信を躊躇してしまう可能性が高くなってしまうのです。

目的が一致しているのであれば、気に入れば返信をしてもらえる可能性が高まります。特化型の出会い系サイトに登録をした場合は、他の目的で出会いを探そうとしても効率は下がってしまうだけです。目的が一致していないのですから、メールをしようという気持ちにならないのです。

ですから、出会い系サイトに登録をする前に、今一度、何を目的で出会い系サイトで出会いを探すのかをはっきりとさせるようにしてください。そして、目的を達成させるまで、その出会いの目的を貫くようにすることが大切です。

出会い系サイトに提出する必要書類について

出会い系サイトを利用する場合、会員登録をしなくてはなりません。会員登録をしなくては年齢認証をすることができないからです。以前は登録しなくても利用することができる出会い系サイトもありましたが、出会い系サイト規制法が強化されて、年齢確認が義務化されたことで、年齢確認をスムーズに行うために登録性の出会い系サイトが主流になっていったのです。

年齢確認をする場合、年齢を確認することができる公的書類をサイト側に提示しなくてはなりません。公的書類として認められているものは、保険証や運転免許証、パスポートとなっています。学生証などは公的書類として認められていません。公的書類をデジカメや携帯電話のカメラ機能を撮って撮影をして、メールで送付をするだけで完了です。

個人情報は知られたくないのであれば、住所などは画像加工をしてモザイクをかけたり、塗りつぶしておくといいでしょう。ただし、生年月日を消してしまうと、年齢確認をすることができなくなってしまいますから、生年月日と氏名だけは塗りつぶしたりしないようにしてください。

提出された公的書類の確認をして18歳以上または20歳以上だと確認されたら、出会い系サイトが会員登録を認証してくれて、晴れて会員としてサイトを利用することができるようになります。逆を言えば、公的書類を提出しても、年齢を満たしていないのであれば、書類審査で落とされて登録をすることはできません。

面倒なように感じる人もいるでしょうが、年齢確認をすることで、未成年者を排除して、利用者の安全性を確保しているのです。

出会い系サイトとコミュニケーションの違いは?

コミュニティサイトと出会い系サイトのどちらも、コミュニケーションを図ることができるサービスになっているのですが、どのような違いがあるのでしょうか?コミュニティサイトの場合は、出会い系サイトの一種に思えるかもしれませんが、実際のところは出会い系サイトではありません。

ですから、出会い系サイト規制法の対象外になっているため、若い人が中心になって利用しています。年齢制限が設けられていない為、中高生、中には小学生まで利用している状態になっているのです。出会い系サイトの場合は、出会い系サイト規制法に則って運営をしていますから、18歳または20歳を超えないと登録することも利用することもできません。

ですから、安全性が保たれています。コミュニティサイトの場合、実際に会ってから、相手の年齢を知ってしまうということもあります。これでは、これまでコミュニケーションにかけてきた時間が無駄になってしまいますし、迂闊に手を出してしまうと性犯罪者として逮捕されてしまいます。

出会い系サイトだと、18歳以上ですから、実際に会って親密になり、男女の関係になったとしても個人の自由ですので、逮捕されることもありません。メル友を作る目的くらいであれば、コミュニティサイトでも良いでしょうが、実際に会うことを前提に考えているのであれば、出会い系サイトを選ぶべきです。

コミュニティサイトでも、出会いを見つけられたという人もいるのですが、リスクが高いですので、出会い系サイトを使うことを強くお勧めします。

出会い系サイトでメールアドレスを交換するタイミング

出会い系サイトでは、知り合ってしばらくの間は、出会い系サイトに備わっているメッセージ機能を使ってやり取りをすることになります。仲良くなってきたから実際に会ってみたいと思うようになった場合、いきなりデートに誘うのはよくありません。

デートに誘う前にもう一つ段階を踏む必要があるのです。現段階で、出会い系サイトのメッセージ機能を使っているのであれば、お互いのメールアドレスを知らないという事です。ですから、メールアドレスの交換をして、直メでやり取りをしていくようにしましょう。

実際にデートをすることができたとしても、待ち合わせをしている時にお互いがどこにいるのかを確かめるために、わざわざメッセージ機能を利用していては、効率が悪くなってしまいます。また、相手が本気ではなく、ドタキャンをしてしまう可能性だって高くなってしまいます。

メールアドレスの交換を相手にお願いしてみることによって、相手との信頼関係ができているかどうかを確かめることができるのです。相手がまだこちらのことを信用していないのであれば、メールアドレスを教えてくれないでしょう。これでは、デートを持ちかけたとしても、断られてしまう可能性が高いでしょう。

では、出会い系サイトの場合、メールアドレスの交換はいつごろ持ちかけるようにするべきなのでしょうか?これは、相手の警戒心が解けてしばらくしてからです。警戒心があるうちは、なかなか自分から自分のことを話したりしないものです。自分の話をしてくるようになっているのであれば、それだけ警戒心も取り除かれているということになります。

後は、タイミングを見計らってメールアドレスを交換したいと相手に伝えましょう。